おくすりレビュー広場

海外製輸入くすりのレビュー調査

リリカジェネリック(プレガバリン)「海外製薬レビュー調査」

□レビュー

レビュー1

 

慢性疼痛症に朗報

日本人の5人に1人はどこかしら慢性疼痛症と聞いたことがある。変形性股関節症はそのうちの多くを占めているのかな。
みんな、痛みとどうやって付き合ってるのかな。階段とか大丈夫なのかな?TVで色んなサプリメントとかやってるけど、グルコサミンとかヒアルロン酸とか。でも、即効性がないんだよね。
リリカは即効性があるからいい。

レビュー2

 ベストケンコーさん、レビューをご覧のみなさん、こんにちは。
僕はリリカジェネリックのリピーターです。季節の変わり目は特に激しい神経痛に悩まされていたものです。
今は秋から冬へとの季節の変わり目ですから、特に身体が冷えると力が入ってしまいます。
縮こまってしまうと、あの神経痛がやってきますので、リリカジェネリックさまさまになります。
リリカジェネリックを飲むと、緊張がほぐれて身体が楽になりますし激しい神経痛の悩みも緩和します。
僕は夜に飲むことが多いのですが、次の日の朝の状態で自分の身体の硬直具合が確認できます。というのは、一度起きてもまだ眠くて二度寝をしてしまう事があるのですがその時は「こんな身体が固まって疲れていたんだ。」ということに気付きます。
眠れる時は、自然に起きるまでひたすら眠ります。神経が休まっているから良く眠れるのだと思っています。
逆にスッキリと起きられる朝もあるので、この朝の目覚め具合が身体の疲れや硬直具合だというバロメーターになっています。寒い冬は首や肩から背中にかけてバキバキなので、この季節の僕の相棒がリリカジェネリックになるという訳です。身体中が痛いとか、頭痛がきついとかという人にオススメです。

評価結果:☆☆☆☆☆

購入者の96%がおすすめしている商品です。

 

 

□効果・効能・用法・副作用

 

このようなお悩みの方に

リリカジェネリックの特徴・効果効能

リリカ(プレガバリン)は米国ファイザー社が開発した、神経痛・神経障害性疼痛などの痛みを緩和するお薬で、リリカジェネリックはリリカと同じ成分である「プレガバリン」を含むジェネリック医薬品です。痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出を抑えることで、鎮痛作用を発揮します。

神経痛・神経障害性疼痛などは、障害や損傷を受けた神経が興奮しつづけ、痛みを伝える物質が過剰に出されることから、痛みとして感じます。この場合、痛みの原因となる病気やケガが治った場合でも痛みが長引きくことがあります。その結果、ちょっとした刺激でも痛みを感じたり、天気の変化で痛む場合もあります。 リリカはこうした痛みの原因となる神経系の過剰な興奮状態を抑えることで、痛みをやわらげます。 過剰な興奮状態になっている神経をしずめる作用があるので、一般的な鎮痛薬(NSAIDS)が効きにくいとされる、中枢性、末梢性の神経痛、神経障害性疼痛線維筋痛症による痛みにも効果的です。

 

□日本のクリニックで購入した場合

 日本では医薬品として承認されておらず、病院から処方してもらうことができません。
かわりとなるような医薬品も存在しないため、国内で手に入れる方法がありません。

 

□さらに詳しいレビュー・価格等は

商品画像からお願い致します。

リリカジェネリック(プレガバリン)150mg